ランドセルウォーカーLL

ランドセル選びはこちら!女の子におすすめのランドセルランキング|ランドセルウォーカーLL

ランドセルで時の流れ |  ランドセルのデメリット |  ランドセルを求めて | 
  1. >
  2. ランドセルのデメリット

ランドセルのデメリット

今ではいろんな種類や様々な色のランドセルが売られているが、私は子供の頃ランドセルを使わなかった。学校指定のカバンで登校していた。私の地域は今でもランドセルではなく、学校指定のカバンを使っている。少し街中へ行くとランドセルの学校を目にし、当時はランドセルへの憧れもあったが、今考えると学校指定のカバンで行くことでどこの学校へ通っているか大人の視線でも把握できて犯罪防止にも繋がっていくのではないかと考える。

ランドセルのリメイク!

最近テレビなどで知ったのがランドセルのリメイク。ランドセルの生地を使い、定期入れやフォトフレームやペンケース等に加工してくれるサービスがあるようです。私も実家にランドセルが残っていたらやりたかったけれど、既に処分されてました…。小学校6年間を頑張って通った思い出のランドセルをただ処分してしまうより、何か手近なモノに加工して持ち歩けるなんて素敵だな~と思います。自分の子供が卒業したらぜひやってあげたいと思ってます!

昔と今のランドセルについて

昔のランドセルと比べ色やデザインがたくさんあります。またランドセル会社以外にも、イオンやイトーヨーカドーなどの独自のブランドものもあります。知人聞いたところランドセル会社に比べ、値段が安く購入できるようです。現在のランドセルの重視すべく点はデザイン、色、形、重さだそうです。昔はデザイン、色、形はほぼすべてのランドセルブランド同じで選べなかったので、今の子供達はランドセルを背負って学校へ行くのが楽しみになりそうです。

ランドセル変わったなぁ

私達の頃のランドセルは、女の子は赤、男の子は黒と性別とイメージカラーがまだ密接に関わっているものだったから、今の子は性別に関係なく、色々な色のランドセルを選ぶことができて、とても羨ましいなと思います。

また、付け心地感も肩幅の部分が従来の物よりも稼働領域が広くなっていて、付けているのか分からないくらいの感覚になっていると聞きました。

さらに、大きさもA4ファイルが楽々と入るほどの大きさになったことを知り、苦労して折り曲げて入れていたあの時代は何だったんだと思うほど、大きくなったけど、軽いランドセルがやっぱり羨ましいです。

Copyright (C) ランドセル選びはこちら!女の子におすすめのランドセルランキング|ランドセルウォーカーLL. All Rights Reserved.